ニキビ跡は皮膚科で治せる? - ニキビ跡って治療で治るの?

ニキビ跡は皮膚科で治せる?

酷いニキビに悩まされた時に皮膚科を受診したことが有る方は多いでしょう。
そんな時適当な皮膚科に来院し、結局抗生物質やステロイドなどが含まれた軟膏を貰って終わってしまい、結果としてニキビも治らず延々と皮膚科に通い続けたという苦い経験をした方も居るのではないでしょうか。
私もそのような経験をしたことがあります。

今では皮膚科もだいぶ変わってきており、ニキビにはニキビ用の軟膏を渡してくれるという風潮が出来てきているようです。
そのため昔のようにとりあえず抗生物質やステロイドに頼る治療からは脱却してきているようです。
これからニキビを治したい方は、その医師がニキビに詳しいかどうか、ニキビに対して的確な軟膏や薬、ケアの方法を教えてくれるかどうかを見極めると良いでしょう。

皮膚科を受診してニキビやニキビ跡を治療できるかどうかという点について、ニキビやニキビ跡の程度によっては皮膚科で渡される薬で充分な効果を得られると考えています。
まず皮膚科では受診する医院や医師の診断の元で症状にあった薬が渡されることになりますが、近年では皮膚科の薬でハイドロキノンなどを処方してもらえることがあります。
また皮脂を溶かし毛穴の働きを抑えることでニキビを改善するディフェリンゲルも、肌への改善効果がありニキビだけではなくニキビ跡の改善効果も期待できます。
補助剤的な役割でビタミン剤なども処方してもらえる場合がありますが、こちらも摂取することで肌への改善効果が期待できます。

このように市販品だけではなく皮膚科の処方薬でもニキビ跡を改善できるものが処方してもらえることもあるのです。