皮膚科で出されるニキビ跡の薬 - ニキビ跡って治療で治るの?

ニキビ跡って治療で治るの? > 皮膚科で出されるニキビ跡の薬

皮膚科で出されるニキビ跡の薬

皮膚科で出されるニキビやニキビ跡に使用する薬はどのようなものがあるでしょうか。
今日の皮膚科ではニキビやニキビ跡への治療も専門的になってきており、一昔前とは違って抗生物質やステロイドに頼ったものは少なくなっています。
これから皮膚科に診察を受ける方はどういう薬がもらえるかを踏まえた上で抗生物質やステロイドには充分に注意して使用しましょう。

まず多くの皮膚科で採用されるようになったディフェリンゲルです。
アダパレンなどという名称でも知られている通り効果の高いニキビ、ニキビ跡治療薬です。
最近保険適用になったアダパレンの働きで肌にピーリング効果を与え毛穴に皮脂を詰まらせないようにしてくれます。
皮脂を溶かし肌を薄くするためニキビ跡にも効果的ですが、赤みや乾燥、光毒性があるため使用には注意しましょう。

また最近はディフェリンゲルではなくベピオゲルを処方する皮膚科も増えています。
こちらのベピオゲルもディフェリンゲルと同様のニキビやニキビ跡に効果がありピーリング効果があります。
ディフェリンゲルにはない抗菌作用があることが特徴でアクネ菌の繁殖を抑えることができるのでニキビを繰り返しやすい方におすすめです。

これらの医薬品は主にニキビ治療に使われますがピーリング効果があるのでニキビ跡の治療にも用いられます。
ニキビ跡は炎症が落ち着けば沈着してしまった色素が排出されればキレイになります。
しかし肌の表面に穴が開いてしまったり、凸凹した感じの場合はこれらの治療薬で治療するのは難しいでしょう。
これらの症例の場合はレーザー治療などの外科療法を用いることが必要になります。